販売サービス新着情報

このページでは新製品情報や取り扱いブランドのメーカーニュース、技術情報など販売サービスに関する情報を発信しています。

2016/09/28

納入事例-新国立劇場「オペラ劇場」

オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇など現代舞台芸術を公演するための劇場として1997年10月にオープンした新国立劇場は、「オペラ劇場」、「中劇場」、「小劇場」の三つの劇場を持ち、最新の技術を駆使した設備と演出のための様々な工夫が凝らされた世界屈指の芸術劇場です。

我が国唯一のオペラ・バレエ専用劇場である「オペラ劇場」(愛称「オペラパレス」)は、客席から見える主舞台のほかに、主舞台と同じスペースの奥舞台、上手・下手両舞台を併せ持つ四面舞台のプロセニアム劇場で、照明設備は本格的なポータルブリッジとポータルタワー、4層ギャラリー、照明ブリッジ、照明ラダーが備えられ、さまざまな照明機材が設置されています。

弊社・販売事業部は「オペラ劇場」常設機材として、VARI-LITE VL1100AS、CLAY PAKY Alpha Profile 700 ST、Alpha Profile 1500 ST、Alpha Wash 1500ムービングライトを納入しております。



Photo: Shinjiro Oono ©PRG

弊社は30年を超えるムービングライトの取り扱い実績を持ち、培った経験とノウハウの蓄積により万全のアフターサービス体制を取っています。製品やシステムのご提案、販売はもちろんのこと、ご購入後のメンテナンスや技術講習、年次ごとのオーバーホール計画立案のご相談も承ります。

常設機材の納入事例、製品販売に関するお問合せ先:
販売事業部 TEL:03-6414-8620 Eメール: SalesJapan@prg.com



新国立劇場「オペラ劇場」様

主要納入製品:


VARI-LITE VL1100AS



CLAY PAKY Alpha Profile 700 ST


CLAY PAKY Alpha Profile 1500 ST


CLAY PAKY Alpha Wash 1500


製品に関する詳細情報はCLAY PAKYVARI-LITE 各ブランドページをご覧ください。


全文表示
2016/06/17

PRGオリジナル「NZハンガー」日本照明家協会賞・舞台部門 技術賞を受賞

弊社販売事業部・長谷川 晃が、照明固定装置(商品名:NZハンガー)の発案・製作により、平成27年度「第35回日本照明家協会賞」舞台部門の技術賞を受賞いたしました。

NZハンガーは実用新案登録を取得したPRGオリジナルの照明器具固定装置です。角・丸どちらのパイプにも装着可能、ネズミ返しの設計でロック板が外れにくいなど、シーンを問わず活躍する抜群の固定力を持つハンガーです。

授賞式は6月16日に中野サンプラザで開催されました。

NZハンガーに関する製品情報はこちらをご覧ください。


全文表示
2016/04/28

Claypakyの光が織りなすクラシカル・スペクタクル

ロンドンのロイヤルアルバートホールにて開催されたClassical Spectacular は、Durham Marenghiのダイナミックな照明デザインでClaypakyのMythos、Sharpy、Sharpy Wash、Alpha Spot HPE 1500、Alpha Spot HPE 700が光のシンフォニーを奏でました。

「英国で最も人気のあるクラシックミュージックのショー」と言われる同公演はJohn Rigby指揮のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏と、芸術的な照明とレーザー光線のビジュアル演出の競演でした。伝説的なクラシック音楽プロモーター Raymond Gubbay開催のドラマチックなステージは銃砲の序曲で始まり2000発の花火で盛大なフィナーレとなりました。Marenghiは華麗なロイヤルアルバートホールにふさわしくも最新のエフェクトで観客をWow!と驚かせるため入念にClaypaky機材を選び、壮大なステージを創り出しました。

Sharpyはフロアー席の上に吊り、正確でパワフルなビームを使って鮮やかなレインボーカラーで迫力ある空中ビームエフェクトを創出しました。「今回我々が使ったClay Paky機材の光学性能はいずれも素晴らしいので少ない台数で何倍もの多彩なエフェクトを創り出すことが可能です。」とMarenghiは語ります。「Sharpyのずば抜けた明るさは皆知っていますが、ホール中を「サーチ」したりビビッドなカラーでオーディエンスにビームを放つなど、Sharpyが創り出すさまざまなエフェクトは素晴らしいです。」

Marenghiはステージ全体を染め、オーケストラ、歌い手、指揮者を照らすために Sharpy Washを選びました。

フィナーレは天井に巨大な英国国旗が展開し、屋根からはバルーンやリボンが降ってきます。この劇的なエンディングの中心となる国旗に当てる照明はMythosが選ばれました。「Mythosは素晴らしく明るいことに加え、その突出した大きさのビーム径とビームアングルでロイヤルアルバートホールのパイプオルガン全体と降りてくる国旗を照らすことが出来たのです。たったの4台で!」とMarenghiは付け加えます。

Alpha Spot HPE 1500はメインのトラスに、またHPE 700はステージフロアで、ステージ全体を染めるSharpy Wash 330と共に空中ビーム効果やステージ上のゴボ投射に使われました。
「照明デザイナーの言うことに聞く耳と新しい機材に強い情熱を持つClaypakyと我々は強い信頼関係を持っています。デザイナーからの多くのフィードバックを取り入れ、革新的な製品を生み出すのです。」とMarenghiは言います。「照明デザイナーとして、与えられた仕事にベストなテクノロジーを選択することは私の責任なのです。」




Photo by Paul Sanders, courtesy of Raymond Gubbay Ltd


全文表示
Spheriscan
2016/02/29

クレイパーキー新製品SPHERISCAN(スフェリスキャン)デモ機入荷しました

一世を風靡したミラースキャンライトの進化形として再登場したSPHERISCAN(スフェリスキャン)。その特長はビームの高速回転とIP54の防滴・防塵装備、高出力と演色性です。加えてゴボや回転プリズム、ストロボなど最新ムービングライトの技術も採用し、照明演出に新たな可能性を提供いたします。

またSPHERISCANのミラーユニットがないSPHERILIGHT (スフェリライト) は屋外ゴボプロジェクターとして活躍が期待されます。高出力、多彩なエフェクト、IP54がイベント演出、ライトアップ、広告といったあらゆる屋外プロジェクションをサポートします。

製品詳細はこちらをご覧ください。

SPHERISCAN/SPHERILIGHTデモ、製品に関するお問合せ先:

全文表示
2016/02/10

B-EYEとSharpy、スーパーボウルのセンターステージへ!

第50回目の記念すべきスーパーボウルはカリフォルニア州サンタクララのLevi’sスタジアムで2月7日に開催されました。ハーフタイムショーの照明を毎年手がけるベテランデザイナーBob BarnhartはClaypakyのA.LEDA B-EYE K20と黄金色のSharpyを選びました。

スーパーボウル・ハーフタイムショーは毎年チャレンジの連続ですが、特に今年は昼間から日没にかけてという時間帯で「明かり作りという点では例年より更に複雑で困難な条件」とBarnhartは言います。「まだ太陽が出ているのでいつもより機材の台数は少なく、スタジアム照明も一部しか使いませんでした。」

Barnhartが目指したのはColdplay演ずるメインステージのLEDフロアからスタジアム全体にわたって「カレイドスコープのようにカラーで彩り、スタジアム全体をショーの一部とすること。そのためファンと一緒にカラフルなカードを使ったスタントやレール上にColor Bloc IIを配置しました。日中のショーではファンやスタジアムが良く見えるのでショー自体をスタジアムと一体化したかったのです。」

Coldplayステージ奥のパイロトラス/フィールドカートには36台のB-EYE K20を選び、カート4台に9台ずつ仕込みました。「すべてのB-EYEがクローズアップで、まるでフロアライトのように見えました。ビデオフロアではChris Martinをつま先から頭まで全身クローズアップで捉えることができました。B-EYEがフロアにカラーパレットを創り出しました。」

「B-EYEのスーパーボウルデビューは2年前、Bruno Marsがヘッドライナーをつとめたハーフタイムショーでした」と照明ディレクター David Grillが話します。「B-EYEは最高にグレート!大きな面を見せたり、ビーム、動き、エフェクトと、さまざまな使い方が可能です。B-EYEの迫力ある顔は広い面を活かして色の塊りとしても使えますし個々のピクセルを効果的に使うこともできます。」

GrillはB-EYEの消費電力が少ない点も気に入っています。「1本のマルチケーブルにすべてプラグインできるのです。ケーブルの束は必要ありません。スピーディーに仕込むことが出来ます。」
BarnhartはBruno Marsステージに6台の黄金色のSharpyを配置し、デザインに躍動感を与えました。スーパーボウルのゴールド・アニバーサリーを祝うゴールドカラーのSharpyは、Brunoステージの温かい色味の明かりともマッチしていました。」

Barnhartは付け加えて「昼の光の中では大きなビームを見せることは難しいのでプロファイルタイプ機材の使用は限定的にしましたが、Marsのステージにはダイナミックさを加えるためSharpyを使いました。」と話します。

スーパーボウル・ハーフタイムショーで使われたClaypaky機材はPRGが提供しました。

「スーパーボウルという最高に注目度の高いテレビ中継イベントでClaypaky製品が使われるのは非常に名誉なことです。」とコメントするのはClaypaky社のアメリカ担当エリアマネジャー Francesco Romagnoli。「Barnhart、Grill両氏はいつもClaypaky機材を使って素晴らしい仕事をします。」


スーパーボウル50ハーフタイムショーの模様はNFL公式サイトの動画でご覧ください

  





全文表示
お問合せ
PRG株式会社 お問合せ

PRG株式会社

電話: 03-6414-8600(代表)
メール:infojapan@prg.com

お問合せ
See What We Can Do
PRG.BackToTop
X
リンクシェア

PRG.ShareLinkByMail.SuccessMessage
PRG.ShareLinkByMail.ErrorMessage
PRG.RequestMail.OverlayTitle
PRG.RequestMail.SuccessMessage
PRG.RequestMail.ErrorMessage