光と音楽とスタントの競演! レクサス・ヨーロッパCM撮影

PRG英国とスペイン合同チームが新型 Lexus NXクロスオーバーのプロモーションプロジェクトに参加しました。レクサス・ヨーロッパの ‘NX on Track’コマーシャル撮影にPRGはCM制作会社 Minds Eye MediaとPRエージェンシー Freudsと連携し、照明デザイナー Matthew Buttonの重要なビジュアル演出をサポートしました。

 

撮影場所はマドリッド近郊の Marugan Aerodrome、レーザー光線と照明の光で創り出した巨大な五線譜が舞台です。スタントドライバーが操る3台のLexus NXクロスオーバーが、音に合わせた照明キューに正確なテンポで Will.i.amのサウンドと完全にシンクロしながらきっかけを与える演出です。

 

PRGは160台のクレイパーキー Sharpyを8台の40tクレーンでランウェイ上に吊り上げられた長さ240mのトラスに設置し、走行コース両サイドには150台のGLP Impression X4 bar 20 LEDバトンを配置しました。困難を伴ったのは、コース全長にわたりスモークをコンスタントに流すための工夫でした。このために26台のViperスモークマシン1台1台に10インチのファンを取り付け、600メートルのダクトに配置しました。

 

PRG英国とスペイン両チームが力を合わせてButtonの照明デザインの実現に取り組みました。プロジェクト担当Mathew Ilottは「これは実にファンタスティックなプロジェクトで、PRGの真のチーム力が発揮されました。Paul ElkinのAutoCAD図面描きから始まり、PRGマドリッドのXavier Theys、クルーチーフ Aitor Beloquiがスモークマシンを調達し、クレーンの会社と連携しながらテストしました。8日間もの長い間、機材の設置と舞台装置のメンテナンスを続けました。変わり続ける風向きに負けず、走行コース全体にわたってスモークレベルを均一に維持したのもAitorのチャレンジの成果でした。」とコメントしました。

 

Photos © Marshmallow Laser Feast





ページのトップへ
X
リンクシェア

PRG.ShareLinkByMail.SuccessMessage
PRG.ShareLinkByMail.ErrorMessage
PRG.RequestMail.OverlayTitle
PRG.RequestMail.SuccessMessage
PRG.RequestMail.ErrorMessage